2006年11月21日

清水敏一さん、小泉秀雄を語る

11月20日、日本経済新聞文化欄に、山岳史家の清水敏一(しみず・としかず)さんが、小泉秀雄について寄稿していました。

題して「大雪山の父、峰に名残す  明治大正期踏査の先駆者、小泉秀雄の生涯発掘」です。清水さんは、北海道在住の研究者として小泉秀雄を調べ、内容の濃い著作を発表してきました。今回の寄稿、小泉秀雄について、要領よく概括した内容となっています。ぜひ、いろいろな方に目を通していただきたいものです。

小泉秀雄(1885−1945)は、山形県米沢生まれ、北海道の縁としては、1911年に北海道旭川の上川中学(現・旭川東高)に理科教師として赴任したことからはじまったようです。その後仕事の舞台を本州に移しますが、1924年からの大雪山調査会の調査委員として委嘱され、調査活動を行いました。また、大雪山という名称が一番ふさわしいと主張し、その定着に貢献することにもなりました。

清水さんの今回の文章を読んで驚いたのは、「北海道時代の小泉を知る遺族は少なく、小泉岳という山の存在も知らなかった人がほとんど。地元に住む私が遺族や教え子を小泉岳に案内したこともある」というくだりでした。そうした貢献も清水さんが果たしていたのです。(大雪山は旭岳、黒岳などの山々の総称。そのひとつに小泉岳が命名されている)

以上 (UT) 061121



posted by kamuimintara at 15:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

米中間選挙結果 イラク戦争への国民の判断出る

11月7日投票の米国中間選挙、一部改選の上院、改選の下院、両方で民主党が12年ぶりで多数を占める結果となりました。またイスラム教徒の下院議員(民主党)がはじめて誕生しました。

米メディアの出口調査では、ブッシュ大統領と与党共和党が推進してきた、イラク戦争に対しての厳しい見方が反映されました。無党派層の投票も前回とはさまがわりで、共和党から民主党へなだれをうったそうです。

戦争国家アメリカでも、開戦前に戦争反対の大きな声がありました。さらに大義なき開戦理由であったことがはっきりしさらに泥沼化している現実、アメリカの国際的威信が道義的にも軍事的にも失墜することになりました。ベトナム戦争を体験した米国民の目、それらをしっかり見ていたわけです。歴史は大きな1ページを踏み出したかもしれません。

アメリカのポチといわれた日本政府のイラク戦争支持と自衛隊の派遣、これも問題あったことも、日がたつほど明らかです。箕輪登さんが提起した訴訟の意味も意義も重いものであったこと、ますますはっきりしてきました。他人事ではないこととして、今の現実を受け止め考えること、今後の進路について考えること、日本国民に投げ返されてきました。

以上 (室長) 061113



posted by kamuimintara at 14:38| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

世界史は必修

国内の高校で、学校ぐるみで生徒に未履修の科目をつくり、卒業資格に問題があるところが全国に多くあることがわかりました。変則ですが補習による履修を行い、卒業させなければならないということになります。

なぜそうなったのか原因理由いろいろあるようです。が、受験競争に必要性が低いということで、学校長もそうした未履修科目が生じることを承知の上であったことも明らかになってきました。

その中でも世界史をはずすという形が多いというのにも、驚きます。私が高校生の時、それは何十年も前ですが、世界史は必修ではありませんでした。それが国際化社会という認識が高まる中、学習指導要領でも必修とされることとなり、今に到っているはずでした。

私は世界史を高校では必修にというのは、時代の反映として喜んだ記憶があります。個人的な気持ちですが、やはり世界に目を広く持てる意味での知識はあとからでは難しいことからです。

ところが、教えてもいないのでは、国際的な感覚つけようもつくりようもない人たちがたくさん生み出されてしまうことになります。それでは困ることがいつかでてくるでしょう。

世界史は必修、そのことの意味、学校も父母も生徒もわかるようであってほしいものです。これからの日本をささえる若者達が、今の激動の世界について,ますますわからなくなってしまいますから。

社会にでてからも認識させる場も必要ということなのかもしれません。それはまたたいへんなことです。深い反省をする機会にどうすればなるのでしょうか。

以上 (室長)061107



posted by kamuimintara at 20:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

カムイミンタラ2006年11月号公開しました

ウェブマガジン カムイミンタラ 2006年11月号(第12号 通巻132号)公開しました。

特集が、「ナキウサギを泣かすな!」で、国内では北海道にだけ棲息しているナキウサギについてと、その天然記念物指定の取組みをしている「ナキウサギふぁんくらぶ」をとりあげました。ナキウサギが棲みつづけやすい環境とは、人間にとってもどうなのか。広い視点から見つめてみることが必要なことに気づかされます。随想は、中島秀之さん、大熊久美子さん、佐々木潤さんにご寄稿いただきました。

ナキウサギのこと、最近人間くさい話題として登場したこと、とりあげるきっかけになりました。また、カムイミンタラのアーカイブズでも、北海道の自然、あるいはそのことに関わってこられた方々の特集もこれまでいくつもあります。あわせてご覧いただければ幸いです。

以上 (室長) 061101



posted by kamuimintara at 06:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

北海道日本ハムファイターズ、日本一に

10月26日、札幌ドームで行われたプロ野球日本シリーズ第5戦、パ・リーグ優勝の北海道日本ハムファイターズが、セ・リーグ優勝の中日ドラゴンズを下し、日本一となりました。

名古屋で初戦で1敗のあとは第2試合は勝ち、札幌の3連戦で両チーム激突となりました。結果は3連戦をファイターズが3連勝で4勝1敗とし、勝負を決めました。

朝日テレビ系の試合放映の視聴率は、第5試合は札幌地区52.5%の際立って高いものとなりました。しかも瞬間最高は優勝が決まったあとの73.5%というとてつもない数字にもなりました。

北海道札幌を本拠地にしているプロ野球チームが移転3年目でこの結果を出したのです。ヒルマン監督、新庄選手、小笠原選手といったチーム一丸の努力が生み出した快挙です。その点、いくら高く評価しても足りない気持ちです。

駒大苫小牧高校野球部の高校野球での夏の甲子園2連覇と今年の準優勝がありました。全国レベルにせまり追いついたことでの実績です。そして、ファイターズの今回の日本一。野球に関して、北海道は一目も二目もおかれる地域になりそうです。

以上 (室長) 061028



posted by kamuimintara at 11:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

厚生労働省、難病の無料治療縮小へ動く

朝日新聞10月17日インターネット版ニュースで、「難病の無料治療縮小、軽症は有料化 厚労省方針」という見出しの記事がありました。

「厚生労働省は、難病の治療方法や原因を究明する事業の対象となる病気を来年度から見直す方針を固めた。これまで45種類の病気を対象に治療費を無料にしてきたが、対象患者の多いパーキンソン病や潰瘍性大腸炎について、軽症者などを無料の対象から外す方向で検討している。予算の大半が治療費などに回り、本来の目的である研究費が捻出できないのが理由だ。72年の事業開始以来初めての見直しで、新たに別の難病を指定することも視野に入れている。」

厚生労働省の難病であるので保険が適用されるものについて、自己負担分が公的に支給されますが、その該当総額が760億円、研究費はあおりをくって20億円ということになっているようです。いろいろ事情もあってということらしいので、この報道に接したことで単純に問題ありと私にはまだ言えません。

しかし、難病患者とその家族は、そのことでたいへんな負担と労苦をしょうことが珍しくはありません。生活へのしわよせも大きなものがあります。カムイミンタラ第52号(1992年9月号)の特集が「北海道難病連」でした。厳しさはそれによってもうかがわれます。

記事で感じた、何か切り捨てにつながらないかという懸念、違ってほしいものです。高齢社会の中、また難病指定を希望している病もあります。それも無理な注文であるとも思えません。知恵を出し合って、良い方向になることを望むものです。

以上 (室長) 061026
posted by kamuimintara at 15:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

栃木県でも警察裏金実名告発

10月22日朝日新聞、21日宇都宮市で開催されたシンポジウムで、今年3月栃木県警を退職した元警部補阿久津武尚氏(60歳)が、栃木県警在職時の裏金告発を行ったことを全国版記事で報道しました。

警察官あるいは元警察官による実名告発は、北海道、愛媛などに続くものです。シンポジウムを主催した「市民オンブズパーソン栃木」の米田軍平弁護士は、栃木県警でも裏金づくりが行われていた証拠と指摘しました。

北海道警察、愛媛県警、そして栃木県警での実名告発と続いてきました。警察の裏金、全国的に組織だって行われてきた問題ということでなければ、説明できないことになっていきそうです。

以上 (室長) 061022
posted by kamuimintara at 13:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

日本山岳会北海道支部、北海道中央分水嶺踏査

日本山岳会北海道支部が、北海道中央分水嶺踏査を達成し、このたび記録誌「北海道中央分水嶺踏査記録 −宗谷岬から白神岬までー」を刊行しました。

日本山岳会は、創立100周年記念事業として、全国北から南(九州佐多岬)までの中央分水嶺踏査をしようという壮大な計画をたてそれを実行しました。北海道支部もその一貫として北海道を踏査したものです。約5500キロメートル以上に及ぶなか、1130キロメートルを担当することになりました。2004年1月2日からスタート、2006年4月30日までかけてついに達成。踏査回数201回、延べ参加者968人かけた取り組みでした。

ウェブマガジンカムイミンタラ2005年5月号特集が、「未踏の稜線をつなげ中央分水嶺を踏査 −日本山岳会北海道支部ー」です。北海道の踏査について途中経過の段階ですが、報じています。

以上 (室長) 061012
posted by kamuimintara at 09:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

インターネットで「明治から戦前昭和の雑誌牽引検索」

2006年10月11日日本経済新聞文化欄、藤巻修一さんの「次代へ残す雑誌索引検索 −明治から戦前昭和、データベース化しネットで公開」という文章でした。

国立国会図書館にも、戦前刊行された雑誌のデータベースはないそうです。藤巻さんは出版社皓星社(こうせいしゃ)社長という立場の方ですが、ある機会から、15年ほど前から、その仕事に取組みだしました。

すでに索引集『明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引集成』を1996年に刊行、さらに『執筆者索引』も刊行されました。これに対して利用者からデータベース化の要望が寄せられたことで、次のステップを踏むことになりました。

その取組みの中、インターネットでのテスト公開も最近始めたそうです。
http://www.annex-net.jp/ks1/

たいへん大きな志を持ち、ねばり強く取組みを行われてきたことに、たいへん感動させられました。この記事もばねとなって、取組みがいっそう進んでほしいものです。

藤島さんは語っています。
「当初は『索引集成』に収めた100万件を目標としたが、欲が出て一次資料である雑誌目次そのものの入力も始めた。−−最終的には現存するすべての雑誌の総目次を検索できるようにしたい。」
「終わりの見えない仕事になりそうだが、出版人として次代に残せる最大の仕事だと思っている。」

以上 (室長) 061011



posted by kamuimintara at 10:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

北朝鮮による地下核実験、間違いだし抗議します

10月9日、10月3日に予告していた北朝鮮(朝鮮人民民主主義共和国)の地下核実験が実施されました。

10月6日、国連安全保障理事会で全会一致の議長声明が採択され、厳しくいましめる内容で、国際社会の意見は一致していました。それを無視するような、そしれ日本の安倍新総理が中国韓国訪問の最中の実験です。

軍事力がほんとうの頼みになるのかということでは、そうではないことが最近の国際社会でもますます明らかになっています。しかも破綻経済の北朝鮮、満足な地下核実験が行える保証もなさそうです。

6か国協議参加の5か国に毅然として対応を期待します。世界と平和について考えていかなければならない時代にいっそう入ってきました。

以上 (室長) 061010
posted by kamuimintara at 07:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

おめでとうございます 金井昭雄さん、ナンセン賞受賞

富士メガネ(本社・札幌)会長金井昭雄さんが、10月2日ジュネーブの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)本部でナンセン賞授賞式に出席、日本人として初めての同賞を受賞しました。

メガネを通じた難民支援の国際活動を続けてきたことが評価されました。会社と社員のボランティア活動として息長く継続、これからも継続していく姿勢です。企業の社会貢献活動として高く評価される内容です。金井さんは、難民支援の活動について、ウェブマガジンカムイミンタラ9月号ずいそうに寄稿していただきました。ぜひ改めてお読みいただければ幸いです。
posted by kamuimintara at 11:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ガフラン・サバさん

ガフラン・サバさん、北海道新聞10月1日(日)朝刊札幌圏版で、9月11日の講演内容が紹介されていました。

イラク第二の都市バスラから半年間の研修のためにきた2名の若い小児科医(女性)のひとりです。イラク戦争でますます悪化したイラクの状態すさまじいものがあるようです。「5歳以下の幼児死亡率は13%、生後1ヶ月以下の新生児死亡率は10−15%にも上ります。」との話にも伺えます。サバさんたちの研修が実りのあるものとなること願うこととなりました。

集会はセイブイラクチルドレン札幌という市民団体が他の団体の協力も得て開催しました。イラクのこどもたちへの医療支援を実践しているところです。いろいろな視点からのイラクへのまなざしがあること、気づかせてくれました。

以上 (UT)


posted by kamuimintara at 08:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

9月21日東京地裁判決、「国旗国歌強制は違憲」

9月21日、東京地裁(難波孝一裁判長)、東京都立高校などの教職員が都と都教委を相手に起こしていた訴訟で、「国旗国歌強制は違憲、思想良心の自由侵害」とし、原告側全面勝訴の判決を言い渡しました。

訴えは、「入学・卒業式で国旗掲揚と国歌斉唱に従う義務がないことの確認と、都教委による懲戒処分の禁止」を求めたものでした。

判決は「国旗掲揚の歳の起立や国歌斉唱の義務がないことを認め、通達や校長の命令に従わなくても、懲戒処分をしてはならないと都教委に命じた。その上で都教委と都に対し、『原告に精神的苦痛を与えた』として、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。」(9月22日北海道新聞朝刊)です。

国旗国歌法が制定され、「日の丸」「君が代」がそう位置づけられました。本来強制が伴うものではないということが、法成立時の政府答弁でした。しかし、その後、教育現場での「日の丸」「君が代」強制が文部科学省、教育委員会などにより全国で進められている現実があります。その典型が、石原慎太郎都知事を先頭とする東京都の学校現場でした。踏み込んだ通達を出し、反対の声を上げる教員への処分を強行してきました。今回の判決は大きな一石を投じたことになります。

国旗国歌ということ、「日の丸」「君が代」ということ、一筋縄でいくものでも片付けられるものではありません。それぞれが考えること、語り合ってみることが今後さらに必要のようです。

カムイミンタラ2002年5月号(アーカイブズ所収)に「19年ぶりの卒業式」という随想があります。弁護士渡辺達生さんの「19年ぶりの卒業式」と題した寄稿です。卒業した高校の卒業式に「君が代」問題がもちあがり、渡辺さんはそれにかかわることとなりました。「今の若者は捨てたものではない」と渡辺さんしめくくっています。

以上 (室長)



posted by kamuimintara at 06:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

沢田教一さんの写真「安全への逃避」と今

カメラマン沢田教一さん(1936−1970年)が、1965年9月に撮影した写真「安全への逃避」は、66年に米ピュリツァー賞を受賞しました。

「安全への逃避」は、ベトナム中部で必死に川をわたる母親2人とその子供たち3人が写されています。ベトナム戦争が進行するなか、戦火のなまなましさを伝える印象的な写真です。沢田カメラマンの評価をいっぺんにあげました。当時私自身にも、強いショックを与えたこと、その記事でよみがえりました。

ベトナム戦争は、アメリカによる大義なき戦争でした。米軍による枯葉剤の散布は、いまなお深刻な被害を与えています。これは米軍兵士にも大きな被害を与えたものであったこと、あとではっきりしました。戦争自体は、「南ベトナム政権」を支えると称した米軍が敗北撤退することで終結、南北ベトナムの統一と今につながっています。

9月20日朝日新聞朝刊、柴田直治記者が、そのときの子供たち、アインさん(56歳)、リエンさん(49歳)兄妹と、ホエさん(43歳)の近況を報じていました。それぞれの母親はすでに亡くなりましたが、3人は健在、元気に写真に写っていました。ほっとさせる記事でした。


posted by kamuimintara at 16:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

第14回非同盟諸国首脳会議

キューバの首都ハバナで開催されていた、第14回非同盟諸国首脳会議(117カ国・1機構)は、9月17日に総括文書などを採択して終わりました。次回首脳会議は2009年にエジプトで開催予定。

イランやベネズエラの首脳も出席し、活発な議論が行われたようです。採択された内容には、米国の単独行動主義への批判が反映されたとマスコミが報道しています。イラン原子力開発への支援やレバノン政府と国民の支援も打ち出したようです。

米国が今世界からどう見られているか、うかがえる内容となりました。今後国際社会へ与える影響も小さくないようです。米国によるキューバのへの経済制裁の即時解除も訴えていることにもそれは反映されています。

長くなりそうなので、先にローマ法王のこと、これで非同盟諸国首脳会議にふれることとしました。国際的に大きな出来事ですから。

以上 (室長)


posted by kamuimintara at 10:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローマ法王、イスラム教への言及演説に関して謝罪?

イスラム教徒がローマ法王を非難批判しています。

キリスト教カトリック教会のローマ法王ベネディクト16世が、9月12日ドイツでの演説でイスラム教の「ジハード(聖戦)」を「批判」したとされたからです。それに対してのイスラム社会から大きな反発がでました。情報社会であっというまに世界に情報が伝わることから、瞬時に世界的な動きとなりました。

具体的な演説内容も反発内容もわかっているわけではありません。しかし、発言の大きな影響力のある宗教指導者が、他宗教が誤解するような発言を行うということは、不用意のレベルを通り越しています。ましてや、イラク、レバノンの今の事態からいっても、火に油を注ぎかねない問題です。

ローマ法王は、17日信者へむけての定例の集会で、直接釈明し,遺憾の意を表明したとの報道がなされました。適切な対応であって、謝罪と認められ、反発が収まることを望む気持ちです。

以上 (室長)





posted by kamuimintara at 09:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

劉連仁さん記念館オープン

故・劉連仁さん、中国から強制連行されて北海道の炭鉱で働かされて逃亡、日本の敗戦を知らず13年間逃亡生活を続けました。この9月2日、故郷の中国山東省高密市に長男が記念館をオープンしました。いろいろなところで取り上げられ報じられました。

劉さんは2000年9月に87歳で亡くなりましたが、遺族が損害賠償請求を日本の裁判所に起こし、いま最高裁に上告中です。日本の戦後はまだまだ終わるどころではありません。

劉さんのこと、カムイミンタラ1995年11月号(通巻71号)の特集「戦後世代と戦争責任」の中でも報じています。同年日本を訪れた劉さんを、ご本人のこと、発見した人や支援してきた人たちとの交流をとりあげています。

以上 (室長)


posted by kamuimintara at 10:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

カムイミンタラ2006年9月号公開しました

ウェブマガジン・カムイミンタラ2006年9月号(第11号通巻131号)公開しました。

特集は、「民族文化の伝承を進取の気性で 旭川・川村カ子トアイヌ記念館」です。また随想は、金井昭雄さん、大谷扶美代さん、石黒直文さんに寄せていただきました。

アイヌ民族の声、ひろがりをもって聞こえてくるようになってきました。自らの発信もあり、また理解と情報伝達の手段の発達にもよっています。しかし、まだ十分とはいえないでしょう。特集にもふれていますが、取材途中に、「金成マツノート」の翻訳作業継続にも、大きな暗雲ということが報道されました。理解と支援と自らの努力が一緒になってこそ、課題を解決していける力も大きくなるものと考えます。

カムイミンタラでは、アイヌの人たちの活動に関しては特集として、今回で3回目となります。それぞれに掘り下げた内容になっています。これまでに取り上げてきたのは、萱野茂さん、北海道ウタリ協会です。アーカイブズで読めますので、あわせてお読みいただければ幸いです。

なお、トップページでも説明行っていますが、9月1日よりサーバーの変更で特集や随想などの一部のURLが変わりました。使い勝手をよくしようということでの取組みです。全体ということではいままでと違いはありません。特集などに直接リンクされている中に、リンクのしなおし必要な方も生じます。お気づきになられましら、手数をおかけしますが、説明など確認されて変更お願いいたします。

以上 (室長)
posted by kamuimintara at 07:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

東京地裁、政党ビラ配布無罪判決

8月28日、東京地裁(大島隆明裁判長)、2004年12月の政党ビラ配布でマンションの住居侵入にとわれた事件で、無罪判決を言い渡しました。

その目的自体が不法なものではないビラ配布は住居侵入にあたらないとした、判決はきわめて社会常識にかなったものと受け止めました。しかし、それを住民から通報されたとのことで逮捕する警察、住居侵入で起訴する検察、その姿勢はとてもいただけるものではありません。それを対照的にはっきりさせたといえる判決となりました。

異なった意見をたたかわせながら合意形成していくのが、今の日本社会のはずです。その基本を見失ってはならないことを考えさせられる機会となりました。言論封じのいきつく先には明るい未来は待っていないこと、少なくとも戦前の日本で経験しているわけですから。

カムイミンタラ第95号(1999年11月号)特集は、「21世紀へのおくりもの」として加藤多一さんに語ってもらっています。「きれいな水、きれいな空気、内心の自由を次の席の子どもたちに残してやりたい」と加藤さん、内心の自由のためには言論の自由がなくてはなりません。さてその21世紀、言論の自由を守り広げる姿勢が必要であるようです。

以上 (室長)
posted by kamuimintara at 07:28| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

国際天文学連合、太陽系惑星を8個と定義、冥王星を外す

8月24日、国際天文学連合の総会(チェコ・プラハで開催)で、太陽系の惑星の新しい定義を採択しました。それによると、これまで惑星とされてきた太陽からもっとも遠い冥王星は、矮惑星として、惑星としては認めないことなりました。76年間、惑星とされてきた冥王星がはずされたことで、太陽系の惑星は8個ということになりました。

天文学の進歩のなか、今回の新しい定義にいきついたようです。あたらしい発見や進歩が、人間の認識を拡げてくれています。かっては、地球が太陽の周りを回っているということすら、いまでは常識となりましたが、人間の歴史ではごく最近になってからの定着です。実際に人工衛星をうちあげたり、月に人類が到達したりとの現実もそれを裏打ちしている現代です。

太陽が地球の周りを回っているはずという「天動説」が打破されるには、長い時間と科学の進歩が必要でした。科学の世界でない、歴史の世界人間の活動についての論議は、実験で実証するとかがないだけ、厄介な面があります。 

ひろく知られた南京大虐殺の中国人証言者夏淑琴さんは「ニセ被害者」であるとした東中野修道氏らの著書が日本で出版されました。東中野氏のこれまでの発言は多少知っていましたので、そこまで決めつけようというのかと、びっくりさせられました。いま夏さんから提起された裁判が日本と中国で別々に進行しています。中国・南京の裁判所では原告勝利の判決がでました。日本でもこの裁判に76年もかかることはなさそうです。

追記

カムイミンタラ1990年7月号(通巻39号)特集は「天体を観測する」(アーカイブズ収録)でした。1987年より活動している「北海道彗星・惑星会議」の活動をそのメンバーに登場いただき、紹介させていただきました。

以上 (室長)







posted by kamuimintara at 15:16| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。