2007年07月31日

三浦綾子「時代とわたし」英語版

カムミンタラ1986年5月号特集は、三浦綾子さんのインタビュー「時代とわたし」です。アーカイブズで読むことができます。

今回、その英語版を作成、ウェブマガジン カムイミンタラ のホームページでも公開といたしました。それにいたる経緯は以下のとおりです。

いままでパンフレット(日本語)を作成し、三浦綾子記念文学館に提供、来館者へのサービスのひとつとさせていただいてきました。それを目にした韓国の方(日本語に堪能と思われます)が、ハングル版をつくりたいと文学館に申し入れたそうです。昨2006年秋、文学館評議員の馬場さんから、そうした人がいるが当方として了解するかどうかの投げかけありました。韓国の人が内容に関心を持ってくれたことで、内容は今に通じているし、日本だけにとどまらないものがあるかもしれないと、びっくりしたものです。了解するし、パンフレット作成の印刷などの協力も必要があればしたい答えておきました。

文学館の案内リーフレットは、そういう形で、ハングル版がつくられ活用されているそうです。

改めて、その話の進行度合いを馬場さんに聞いたのが、今年5月でした。まだ翻訳は終わっていないようだとの返事でした。それなら、別に英語版をつくってもよいのではということが、二人の意見で一致しました。

文学館より三浦綾子ファンで札幌在住の米国人デボラ・デビッドソンさんを紹介され、翻訳をお願いしました。たいへん前向きに取り組んでいただき、8月1日印刷の英語版のパンフレットとなりました。

あわせてウェブマガジンでも公開しようということで、平行した取り組みとなりました。パンフレット、ウェブマガジンで、三浦綾子さんへの理解と関心が高まることに少しでもお役にたてばこれにまさる喜びはありません。

北海道への観光客もますます多国籍になっています。国際化するなかで文学館として、英語、中国語、ハングルなどでの解説を充実させようとしています。カムイミンタラ特集の英語版パンフレットも、その動きに呼応する支援となるようです。

以上 (室長) 070731










posted by kamuimintara at 18:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。