2007年06月19日

函館野外劇

6月19日日本経済新聞文化欄は、「函館の歴史伝える野外劇」と題した寄稿でした。20年に及ぶ野外劇の成り立ちと歴史と、今の課題を簡潔に要領よく語っているのは、市民創作「函館野外劇」の会理事長代行の輪島幸雄さん。

輪島さんは第1回の野外劇に出演、やみつきになったそうです。7年前から野外劇の運営に専念しています。「観客に喜んでもらえることが何よりもうれしい。先人たちの心意気と旺盛な進取の精神を思いながら、今後も市民の心合わせの場となるよう続けていきたい。」が、
文章の結び。

ウェブマガジン カムイミンタラ アーカイブズ には、隔月刊誌カムイミンタラ1995年9月号第70号で「市民創作 函館野外劇」を特集したものを公開しています。これもあわせてご覧いただければ、野外劇の理解もさらにすすむかもしれません。

以上 (室長) 070619




posted by kamuimintara at 15:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。