2007年06月11日

女性自衛官国家賠償請求裁判第1回口頭弁論

6月11日、道内勤務の女性自衛官(21歳)が起こした国家賠償請求の訴訟の第1回口頭弁論が、札幌地裁(斎藤紀子裁判官)で開かれました。

原告本人が意見陳述のに立ち、事件後、そして訴訟提起後の所属基地上官による退職強要、嫌がらせなどが続く実態を訴えました。

これに対し、国側は「事実関係を調査中、8月に答弁書を」でありながら、なぜか「請求棄却」との主張としているそうです。

「女性自衛官の人権裁判を支援する会」(竹村泰子さんら共同代表)が結成され、6月3日には同名でのHPも開設されました。事件と裁判の内容などが伝えられるものとなっています。

以上 UT 070611


posted by kamuimintara at 17:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。