2007年06月05日

シンディ・シーハンさんの近況

イラク戦争で息子を失い、イラク戦争反対の先頭に立ってきた米国の主婦シンディ・シーハンさんが、これまでのように活動の第一線に立つことを控えるという報道が最近ありました。

シーハンさん、おつかれさまでした、しばらく一服してください、というのが、私の第一の感想です。

彼女の行動で燃え上がった、イラク戦争は間違ったものであり、撤退を含めて正されなければならないという声は、米国の多数意見となりました。後に続く人、行動に立ち上がる人を次々に生み出しています。

大きな役割をはからずも果たしたシーハンさん、先頭にいなくても、引き続きはげまし続ける存在でしょう。日本でも多くの人に影響をあたえることになりましたから。

以上 (UT)070605


posted by kamuimintara at 15:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。