2006年12月18日

ドクさん、末永くお幸せに

12月16日、グエン・ドクさん(25歳)が、グエン・ティ・タイン・トゥエンさん(24歳)と結婚式をあげました。

ドクさんは、ベトナム戦争中に米軍が散布した枯葉剤の影響とみられる結合性双生児として、1981年兄のベトさんと生まれました。その後、日本からの医療支援も含めて、治療を続け1988年には分離手術に成功、今は松葉杖をつきながらも社会人としての活動を行えるようになりました。

日本にも何回も着ていますが、2005年には初めて北海道も訪れました。ウェブマガジン2005年5月号(第4号 通巻124号)特集「ドクさん こんにちは」がその状況を伝えています。

昨年から交際を続けていたトゥエンさんと、このたびめでたく挙式の運びとなりました。日本からの人も含めて盛大な式を行ったようです。

ドクさん、おめでとう。末永くお幸せに。ふたりで歩んでいってください。

以上 (室長) 061218


posted by kamuimintara at 06:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

至近距離で見た有名人(3) ドクちゃん
Excerpt:  ベトちゃんとドクちゃんは1981年2月25日にベトナムで生まれた。二人は下半
Weblog: 翻訳blog
Tracked: 2006-12-29 10:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。