2006年12月11日

仙波敏郎さんの裁判で、原田宏二さん齋藤邦雄さん証言

9月5日に、松山地方裁判所で、道警OBである原田宏二さん、齋藤邦雄さんの証言が行われました。愛媛県警の現職警察官仙波敏郎さんが起こした損害賠償請求の裁判の公判でです。

仙波さんは、現職警察官として全国で初めて「警察の裏金」問題(愛媛県警に関して)を告発しました。その結果不当配転されました。本人の申し立てを、県の人事委員会が認め、前の職場に復職し、現在に至っています。

仙波さんは、このようなしうちにたいして賠償を求める裁判を起こし、現在進行中です。この裁判の9月5日の公判での原田さん、齋藤さんの証言ぶりについて、「仙波敏郎さんを支える会」のホームページで、東玲治さんが連載ドキュメント第29回(10月4日公開)で、くわしく紹介しています。

「仙波の告発は、不正の輪郭をくっきりと浮かび上がらせた。しかし不正の実態を明らかにすることはできなかった。なぜなら、仙波は一度も不正にかかわっていないからだ。原田は道警最高幹部にあった立場で大局的に、齋藤はまさに裏金作りに直接かかわった立場で、仙波がどうしても説明しきれなかった空白部分を、余すところなく、証言で埋めた。仙波の告発にウソ偽りはない事が明らかにされた。少なくとも傍聴した人は皆がそう思ったに違いない。」

東さんの連載ドキュメント29回、9月5日にむけての原田さん齋藤さんの陳述書(いずれも8月11日)を、カムイミンタラ2005年11月号の特集に資料として加えました。あわせてご覧いただければ幸いです。

以上 (室長) 061211



posted by kamuimintara at 10:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警察官でも本当に偉いかたがいるんですね:裏金作り拒否
Excerpt: 昨日テレビで警察官に対して県の見せしめ 人事に対し、100万円の賠償金判決が出た ということで、フムフム程度に、良い方向に なっていますねなどと気楽な気持ち。 ところが..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2007-09-12 14:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。