2006年11月28日

地雷撤去で平和貢献

11月27日日本経済新聞文化欄、ジオ・サーチ会長冨田洋(とみた・ひろし)さんの寄稿を掲載しました。

「ジオ・サーチはレーダーを積んだ車で地上を走りながら地中の空洞を探査し、道路や地面の陥没を未然に防ぐ技術を世界で始めて実用化した」会社だそうです。「これを応用し、地雷の探知技術の開発を無償でお手伝いすることになった」

1998年に日本の非政府組織「人道目的の地雷除去支援の会(JAHDS)」が発足、日本の有力企業が人やモノをもちよって活動を続けてきたそうです。

タイとカンボジア国境の山頂に9世紀末建設されたピレア・ビヒア寺院(クメール語で山上の聖なる寺院の意味)という古代の大遺跡がありました。しかし国境紛争や内戦で周辺は地雷や不発弾が埋まる危険地帯となり、人が足を踏み入れることがままならない状態で放置されてきました。

2004年7月より、JAHDSがタイ・カンボジア両政府の要請を受け、両国の和解のシンボルとして寺院を共同開発することとなった寺院周辺の地雷除去に取り組むことになりました。多くの人手とお金をかけたプロジェクトは今年の夏に完了、新聞掲載の日に、現地で完工式が執り行われるのでした。

冨田さんは最後にこう語っていました。
「プロジェクトを終えたJAHDSは今日で解散し、機材や活動資金など一切をタイの財団に引き継ぐことになった。プレア・ビピア寺院から始まった『平和の道』がタイとカンボジアの国民によって今後も築かれていくことを願う」

企業が開発した技術が、平和目的で活用され成果をあげることのひとつの例としてたいへん感銘を受けました。取り組んだ冨田さんをはじめとする人たちの真剣な取り組みがうかがわれます。

目を開いてみると、日本企業が行っている平和貢献ともいえる活動が、さまざまな形で地道にあちこちでとりくまれているようです。富士メガネが、メガネの提供を通して難民支援活動を長年続けてきたこともそのひとつでした。ウェブマガジン カムイミンタラ2006年9月号随想に、メガネを通して難民支援活動を長年続けてきた富士メガネの活動について、会長の金井昭雄さんに寄稿いただいています。

以上 (UT) 061128


posted by kamuimintara at 10:56| ⛄| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も今日新聞でその記事を見た。地雷30個に不発弾165個だよすごいよねー
Posted by 森の虎 at 2006年11月28日 16:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。