2009年09月29日

国連安保理「核兵器ない世界」決議

9月24日、国連安全保障理事会、各国の首脳が集まりオバマ米大統領が議長を務めた場で、「核兵器なき世界」をとの決議を行いました。全会一致(日本も非常任理事国で鳩山新総理が出席)、世界の認識は一段と前進したことは間違いありません。

オバマ大統領、4月のプラハ演説の姿勢が変わらぬものであることを示しました。彼の姿勢あっての全会一致決議です。また鳩山首相は、演説で日本が非核原則を堅持すると述べました。これも意義ある演説となりました。

歴史はジグザグでも前進しています。戦争や軍事力では、問題は解決しないとの認識もしっかりしたものになってきたからでしょう。そういった視点からの平和への目線もいっそう強くなってほしいものです。

以上 (室長) 090929

posted by kamuimintara at 10:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。